ブログ内検索

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

里親

迷子情報

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

ひみこ

Author:ひみこ
Plofile02

戦うOLさま。
歌って踊れる秘書を目指して日々精進中?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

背中で聞こえるユモレスク
  黒柴マミ(通称黒豆さま)と日々の徒然
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしい
今夜は飲み会でした。
電車に乗る前に仲間とコンビニに寄ったんです。
酔い醒ましのお茶かウコンを買おうと思ってもたのに、コンビニを出たら犬用チュッパチャップスなるものを3つだけ持ってました。



あれ、酔い醒ましのお茶は‥?
スポンサーサイト
黒豆散文詩
20090821004220
『夜道に想ふ』


晩夏の夜半
散歩道に 君の尾っぽの裏白が ふぅりふりと 揺れてゐる

街灯の 白い灯りが ぽつり 暗い散歩道を 照らしてゐる

ねぇ、あなた
と 君が 見上げてくるので

なんだい
と 私は 答ゑた

この道は どこの道でせうか
と 君が 問ふたので

何だい、君、ここはいつもの 散歩道じゃなゐか
と 私が 答ゑる

さも 不思議さうな目をして

さうだったかしら
と 君は 首を傾げた

ねぇ、じゃは さきほどの分かれ道に
戻りて行きたひわ
と 君は いつものように我がままを言ふ

君、君、まったく仕方がなひね
と 私は さうさうに抗議は諦め
君の向くままに今し方来たばかりの 暗ぁい 夜道を 戻って行く

分かれ道を右へ 暗い坂を ゆぅくり あがって行く

ふぅりふりと 揺れる君の尾っぽの裏白が ふぅと止まる

ねぇ、あなた
と 君が 見上げるので

なんだね、君
と 私が答ゑる

やつぱり 下の道が 気になるわ
と 君は 振り向ひた

君、君、またかい
と 私は 君の 綱を引く

あちらの 道が 本当は行きたかつたの
と 君は ぐいっと 綱を引き返す

やれやれ、君、何度目だい
と 私は 苦笑して 今来た坂道を
ゆっくり ゆぅくりと 降りて行く

分かれ道を 左へ 白い灯りが ぽつりと点いた 夜道を
君と ゆぅくり 歩いていく

ねぇ、あなた
と 君が 振り仰ぐ

何だい、君
と 私は 答える

夜道の散歩は いつもと違ふ道のやうで、
楽しゐものね
と 君が 笑ふので

あぁ、さうだね
と 私も 笑うた

遠くで あおばずく が鳴ひてゐる
危険な遊び
いま、某所にて密かに危険な遊びが流行っている。

みんながみんな、揃いも揃って、
『HA~CHI~』
と呼びながら、オーバーリアクションで黒豆さんたに遊びかかる、その名も『リチャード・ギアごっこ』である。

帰宅時に、黒豆さまがお出迎えをしてくださったときなど、まさに格好のチャンス。
即座にリチャード・ギアごっこが始まり、喜び走り回る黒豆さまをオーバーリアクションで追い掛け回して捕まえるのである。
これは以外に危険度も少なく、お勧めの遊び方である。
但し、調子に乗ると、振り向きざまに突進されたり小指を踏まれたり、食い付かれることもあるので、油断は禁物だ。

おやつを所望する黒豆さまがお座りしているところを、おやつを持参の上で狙うのも、ツウの遊び方だろうか。
お約束の『HA~CHI~』をやりながら、リチャード・ギアになりきって黒豆HACHIにガシッと抱擁を試み、撫でくりまわす。
大概は
「ぅがっ」
と怒られ、逃げられた後、ご機嫌伺いにおやつを差し出すことになるが、成功したときはかなりリターンが大きいのが特徴だ。
やり過ぎるとヘソを曲げるため、ON/OFFの見極めがかなり難しいことも、挑戦心を煽ってくれる。

但し、黒豆HACHIは極めてツンデレかつワガママっ子なので、何回かに一回はリチャードごっこは人間側だけの、不発に終わり、直前で逃げられることを頭の片隅に常に置いておかなくてはならない。

さらに、成功例のうちの何回かは黒豆HACHIの逆襲により、極めて軽度の負傷者がでることもある。
特に、お茶タイムの寝起きを狙ったリチャード・ギアごっこはかなりハイリスクであるため、筆者としてもお勧めはできない。
危険こそ我が生き様!と思う勇者はぜひ挑戦してみていただきたい。
翌朝の新聞にはこんな写真が掲載される可能性も大だ。

PhotoFunia_758b4.jpg


しかし、この遊びの何より素晴らしいところは、レオナルド・デュカプリオやジョージ・クルーニー、ブラピの名前と顔が何時になっても一致しない、もしくは区別がつかない“ちや子”がリチャード・ギアは別人として認識できるようになったことであろう。

viva、HACHI


恐るべしは和犬効果なり。
シャカシャカ
カタカナで書くと、なんか違うものみたいな感じ。

本日の シャカ はおシャカさまではなく、お釈迦になるほう。
何がお釈迦になってしまったのか。このお盆の真っ最中(ほんとはお盆の直前)に


それは 携帯 


やってくれたぜハニー、みたいな。
落としてないし水没もさせてないのに。
二つ折り携帯を閉じても画面のライトが点きっ放し。
あれれ?と思って開いてみると画面のライトが消えて真っ暗、チカチカ点滅。
なんかおかしいな、と思ってつい二つ折り携帯を閉じる。
数分して心配になって恐々携帯を開くと。

画面真っ暗なまんま。

しかし、キーボードのライトは点く。
そしてどうやら画面は生き返らないので真っ暗で見えないが機能は起動しているらしく、迂闊にペア機能ボタンなんぞ触ってしまったら、友達に電話がかかったらしい。
その間も、携帯の画面は真っ暗なまま。しかもキーボードのライトも消えた。
こうなってしまうと、もう、何を押しても何をしても

画面生き返ってこない。

仕方ないので、電源長押ししてOFF、バッテリーを抜く、入れる、電源をON!

画面蘇える。

ホッとするあまり、迂闊にも普段どおり二つ折り携帯を閉じる。
しばらくしてハッと気が付いて携帯を開く。

画面真っ暗なまんま。

慌てて電源ボタンをダブルクリックしたり、他のキーを押してみても

画面蘇えらない。

いやー、二つ折りにできない二つ折り携帯。
二つ折りにしないとキー操作無効設定も使えないので、カバンの中で迂闊なボタンを押す。
危険危険


ショップ行って、修理に出して、代替機いただいてきましたうおぉぉおぅ


でも代替機のP、シャンパンピンクっぽくてちょっと可愛い。。。
Hi-Vision携帯
ハイビジョンムービーを撮る携帯が発売されました。
その名も“Mobile Hi-Vision CAM Wooo”、日立の製品です!
Woooって名前の携帯、前もあったような気がするんですが、その時はHi-Vision CAMはついてなかったし、進化版?
ハイビジョンムービーか~。しかも携帯で。
Mobile Hi-Vision CAM Woooの魅力は?って言ったらやっぱり、いつでも、誰でも、どんなときでも、 簡単に撮れる っていうところでしょうか。
昔は良くビデオも撮ってましたけど、めんどくさいんですよね、色々用意するのとか、モードあわせも段々やらなくなっちゃったし。

その他にどんな魅力があるのか考えてみました。
まずは、ハイビジョンムービーが簡単に撮れるわけだし。。。
その一:わざわざ別個にデジタルビデオカメラを持っていく必要がなくなる→荷物が少なくなる
その二:携帯で写真もビデオも高画質で取れるからデジカメも持っていかなくてよくなる→荷物が軽くなる
うん、荷物が軽くなるのも魅力的(笑)←荷物の多い人

しかもなぁにケータイLoversを見てみたら、色彩が鮮やか!
Mobile Hi-Vision CAMと謳っているだけある!
携帯で撮ると思うと、ちょっとしたことでも気軽に撮れて楽しめるのもすっごい魅力的。
なんでしょうね、携帯でやるのってカメラもそうなんですけど、わざわざ撮ってる感がすごく少なくて、ほんとに気軽。
鼠の国のパレードとかも、ビデオを持ち込んでまでわざわざ撮ろうとは思わないけど、携帯ビデオでなら思わず撮ってしまうし(前科あり)。
しかも、薄暗い場所もこれなら綺麗に撮れるに違いない。
そうか。ってことは。

‥‥‥黒豆獅子舞ダンシングもブレブレちび黒サンボの虎バター状態じゃなくて、ビデオに撮れるかも!!

黒豆獅子舞ダンシングはビデオカメラなんて構えてたら絶対やってくれないし。
でも携帯ビデオって起動遅いんだよなー。
今までも携帯にビデオついてたけど、起動は遅いし画面は暗いしズームにするとすぐ画面が粗くなったし。
なになに。Mobile Hi-Vision CAM Wooo(長いな。。。)は約1秒で起動する秒撮モードと光学3倍ズームも付いている。
始めたらすかさず!その場で!1秒起動!!うわ~いいなー。
光学ズームで顔までハッキリ!使いたいー。
今の携帯、修理中だけど、変えるときはデジカメ携帯やめてハイビジョンムービー携帯にしようかな。

可愛いピンクはこんな感じ。

ピンクの小物を持つと良いから、携帯ははピンクがいいんだピンクがと言われるので、数年来、携帯電話はピンク色と決まっておりますもので(笑)
でも、ホントはこっちの色もいいな。。。
愛はガソリン代を超える
先週のことです。
妹のちや子が出かけるというので、休みで家にいた私が「駅まで送って行ってあげるよ」という話をしていました。
黒豆さまはぐーぐー寝てしました

さて、そろそろ支度をしようかとちや子が着替え始めると。

なぜか私の部屋の前で黒豆さまがたむろしておられました。


  なぜに?


それで、私も外に出られるようにジーンズとか着替えましたら。

黒豆さまが外出スタンバイOK状態でのびをしていました。


  WHY?


「ねーちょっと、マミちゃんがスタンバイしてるんだけどー」
とちや子に声をかけたら、黒豆さまがジタバタと地団太踏んで私の周りをストーカー歩きし始めまして、

さらに、

荷物をつめるちや子の前でジタバタジタバタ、スタンバイOKアピールを繰り返し、出発時間までにまだ10分あるというのに、追い出されました。
ちなみに黒豆さまは

チョーご満悦です。
080216_1313~01


じつは、この日、前日の夜からガソリンランプが点きっぱなしになっておりました。
自分で入れると、月々親に定額で支払っているガソリン補助代以外にもお金かかるし、会員じゃないから更にお金かかるし嫌なので、翌日の朝いれてもらうつもりでいました。
でも、駅までなら往復全然チョロいしー♪

さて駅を往復(20分ちょっと)して駐車場に戻ってきて、

「さー、おうち着いたから帰るよ
と助手席を振り返ったら


黒豆さまが背を向けて座っておられました(写真がないのが残念です。


  なんで?

「マミちゃん、暑いから帰るよ。居残りはダメ」
とリードを引っ張りましたが、まだ背を向けておられます。

「マミちゃん、ちやちゃんのお見送りは終わったでしょ?」
と声をかけると、クルリと振り向き、運転席と助手席の間の部分に手をかけ、後ろをじーっと見ます。

これは我が家で言うところの“バックオーライのポーズ”でして、

黒豆さまが車に乗ってお出かけになる出発前の行動です。

いえ、だからいま帰ってきたんですが。。。
と思っても、黒豆さまは身じろぎもせず、“バックオーライのポーズ”でキリリと立っています。


きっと。
正しい飼い主の姿であれば、ここでガツンと言って聞かせて連れて帰るんでしょうか?


私は正しい飼い主ではないので、ガックリ肩を落として白旗をあげさせていただきました。

「解ったわよー、もー、一回りだけだからね」
と言ってエンジンを再度かけるや否や、黒豆さまは くるりとバックオーライのポーズをやめて振り向き、助手席に チョーご満悦顔で再度座り直られました

愛ってガソリン代を超えるんだなって思ったそんな一日。


え?
何が超えたって?

ガソリン代ですよ、ガ・ソ・リ・ン・代jumee☆wing2b
えぇ、だってあのまま走ったら、いつガソリン切れになるか解らなかったんですもんっ。
ご近所1周で帰る保証は皆無でしたし。
実際、ご近所1週した後に、駅前大学キャンパス周遊ぐるっと一周ロングコース駅経由付き(40分程度)でようやくお帰りになることに同意した黒豆さまでありました。

ガススタのおじちゃんが車で気が付いて、特別に会員価格でガソリンいれてくれてホント良かったーjumee☆STARforANGEL


でも、満足顔が可愛いから許す。
財布の中身はほんとキビチイけど、許す。。。
疑問です
うちのオフィスに(別の部署ですが)宇宙系地球人か地球系宇宙人かという不思議なバカボクちゃんがいます。

学歴は立派なもので、数年前に某国立大学の大学院を卒業(但し、留年か浪人はしたらしい)し、なんだかっていう研究室系のゼミに所属してうんぬんかんぬん。

ところがこのバカボクちゃん。
うちに就職が決まり、本社で研修のために上京してくることになったとき、前泊でホテルに泊まったときに初めて自分で荷造りをしたそうです(最初の荷造りは誰がしたんだよって疑問)。
初めての荷造りで緊張していたのでしょうか。
ホテルで一泊して、「さぁ、東京行くぞ!」のその時、革靴もパッキングしてしまったことに気が付きました。
どうしましょう。だって荷造りはしてしまったのです。後は発送するだけ。
知らない街だしホテルにお店があるのか空港にお店があるのかも解りません。
お財布の中身は当座の生活資金の現金とクレジットカードです。
仕方なくボクちゃんは、ホテルのスリッパを履いたままフロントへ行き、荷物を送ってチェックアウトしました。
そして、そのまま空港へ向かい、飛行機に乗って羽田からモノレールを使って東京に出てあれやこれやそれそれ。

で、初めての出社にはホテルのスリッパで来たのでございました。

さらに、初日に給与振込口座の開設を行うので、家の近くにある銀行が便利だと思うのでそこを給与振込口座として登録するか、会社の近くに4行くらい大手銀行があるのでその中から選んで口座開設を行うかという話には、

銀行の口座開設は自分でしたことがないのでできません。

銀行口座は持っていません。クレジットカードしかありません。

知らない銀行ばかりなのでひとりで行くことができません。


「死ねボケ」って私なら言うな。

二十歳も超えた、むしろ四捨五入したら三十路のボクちゃんがなんか寝ぼけて実は寝言言っちゃってるんじゃないかって心配になっちゃう。
結局、銀行口座の開設ができないから給与振込口座の登録もできないと言い張るので、財務の女性が仕方なくオフィスの目の前の大手銀行の窓口から口座開設の紙を貰ってきて書かせていました。


なんかおかしいと思うのは私だけ??
まさか、スリッパで空港行って東京の駅を歩き回って、よく恥ずかしくなかったなぁって感心してあげるべきところなの

おしえてー、おしえてー、
教ーえてー おじいさーん。

きっと、こんな疑問、アルムの樅ノ木だって聞かれたら困るに違いない。


ちなみに私だったらこうする。
1.部屋にいるうちだったら、荷解きする
2.荷物を配送手続きしてしまった後だったとしたら、フロントもしくはコンシエルジュに頼んでとりあえず安くていいので靴を買ってきてもらう(現金が無理ならチェックアウト時にカード精算だ!)
3.気が付かずにスリッパで空港に行ってしまった後だったとしたら、空港内のお店で靴を買う(とりあえず履いて歩ければいいので安いのを選んでカードで買えばいいのだ!)

困ってるんです
20090803102854
立ちふさがられて(臥せてますが)。
見張り番が玄関まで行かせてくれません。
出かける時間なんですけど~~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。