ブログ内検索

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

里親

迷子情報

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

ひみこ

Author:ひみこ
Plofile02

戦うOLさま。
歌って踊れる秘書を目指して日々精進中?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

背中で聞こえるユモレスク
  黒柴マミ(通称黒豆さま)と日々の徒然
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIFFの印刷
<備忘録>
しょっちゅう忘れるTIFFファイルの『ページ指定印刷』方法。
何しろWindows7では、ページを指定して印刷することができなくなったのでめんどう。

TIFFファイルは意外と厄介。インターネットFAXはTIFFで排出されるという話もあるが、PDFにしてくれれば簡単なのに。

とりあえず、このめんどくさいTIFFファイルはWindowsフォトビューワーもしくはマイクロソフトオフィス ピクチャマネージャで中味を閲覧できるが、名前からも解るように画像を扱うプログラムなので『写真印刷』のような機能はパッと見るからに用意されているけれども、印刷ボタンを押しても、ワードやエクセルにあるような『ページを指定して印刷』がない。

さて、ではどうするか。

1) TIFFファイルを開いて『印刷』→『Microsoft XPS Document Writer』を選択。
2) 保存場所を聞かれる(PDFに出力と同じような感じ)ので任意の場所に任意の名前を付け、拡張子は.xpsのままで保存。
3) 保存されたXPSファイルを開いて『印刷』を選べばいつもどおりの『ページを指定して印刷』があるので好きなページを印刷する。


以上!


ちなみに、XPSファイルをダブルクリックしてXPSビューアーではなくブラウザが立ち上がった場合には、ブラウザからでもページを指定して印刷することは可能だけれど、XPSビューアーから印刷したい場合は、保存したXPSファイルのファイル名の上で右クリックして『プログラムから開く』→『XPSビューアー』を選べばXPSビューアーが起動する。
XPSファイルを常にXPSビューアーで起動させたい時は、保存したXPSファイルのファイル名の上で右クリックして『プログラムから開く』→『既定のプログラムの選択』、表示されたプログラムの選択画面で『XPSビューアー』をクリック、『この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う』にチェックを入れて、OK。
スポンサーサイト
今夜は

蒸してきたから寝苦しいようで。


その割にはいびきかいてもいるけど。

なんだか

可愛いんだけど、変な寝相です(笑)


そして鼻が‥ひんまがっているw

だって

歩きたくないんだもの。


と、朝から抱っこでの散歩を要請されます。

それは散歩にならんだろ(`ε´)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。