ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

里親

迷子情報

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

ひみこ

Author:ひみこ
Plofile02

戦うOLさま。
歌って踊れる秘書を目指して日々精進中?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

背中で聞こえるユモレスク
  黒柴マミ(通称黒豆さま)と日々の徒然
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間
葬儀からも一週間。
あっという間なのだろうか。それともふつう?

いろんな話(亡くなった朝のこととか夜のこととか)をしたいと思っても、どこかズレている私と我が親はそのタイミングが悉く外れる。
今はその話をしたい場合ではない(むしろどうしても片付けねばならない録画を片付けている最中だの論文中だの)とかに限って話しかけてくるのはいつものことではあるが、コレに関してもまったくその通りなので、いつもながら我が親だと思うと同時に、それゆえのすれ違いが歯がゆくまた腹立たしい。


マミが亡くなった朝、彼女の耳はいつものようにピーンとしていた。少し後ろに返り気味で、こっちの様子を探って動き出そうか計っている時のようだった。
我が親は我が妹殿とその話を今週何の気なしにしたという。
そこで、私の出勤の様子を探って音をよーく聞いていたのではないかと。


ああ、それね。うん、それは疑ってたよ。可能性あると思ってた。
てか風呂入ろうとしている時にそういう話をしてくるなよ、と思うのは私だけなのか?
タイミング計ろうよ、少しは。

そう思うと同時に、だからあと一分でも早く部屋に入っていればひょっとして最後の一息に間に合ったんじゃないかとずっと思い続けていたことを口にする機会を失ったとも思った。
あの朝は、通常と違ってバスで出勤するため、二十分くらいはやく家を出る予定にしていた。
起こしてしまうのが可哀想だと思って、出勤時間ギリギリを見てギリギリに部屋に入った。
すでにマミは息をしていなかった。
まだ温かかった。

声も立てず、気付かれもせず。

あと一分早く部屋に入っていれば、きっと間に合ったに違いない。
永遠の後悔を、今も私は抱いている。
きっとずっと。
スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sunnysidesky.blog21.fc2.com/tb.php/380-ff044f62
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。